宇治市芸術文化協会

平成30年度 事業計画

    1. 宇治市民文化芸術祭の事務局業務に、昨年度に引き続き受託に取り組みます。(昨年度の反省点や宇治公民館閉鎖に伴う会場確保の確認を踏まえる)

    2 .第10回を迎える「芸術文化フオーラムin宇治」を開催します。
    (平成31年2月3日 於;宇治市生涯学習センター)

    3. 宇治市芸術文化協会が創立11年目の年、新たな10年のステップに挑戦します。

    (1)会員の増強、日常の事務機能の充実

    (2)宇治市の芸術文化計画の実現に向けた協議

    (3)協会の重要な発信の「芸文協だより」の発行とホームページの整備

    (4)(公財)宇治市文化センターやFMうじ放送をはじめ、関係団体との協議連携

    (5)地域文化の創生に向けた取り組み

    4. 宇治市公民館閉鎖に伴い、中宇治地域に(新)宇治公民館設立を強く要望します。

    5. 山城地方文化協会等連絡会との連携を深め、広域的な文化活動の推進と情報交換に努めます。(30年度は、木津川文化協会7月22日理事会)

平成30年度 事業計画 役割分担表(◎:主担当、○:担当)

NO

氏名

項目


長 
















西

西

1 宇治市民文化芸術祭の受託業務
2 第10回芸術文化フオーラムin宇治の開催

3 芸文協新たなる10周年に向けての挑戦

 ○

4 会員の増強対策推進
5 芸文協ホームページの充実                                  
6 「芸文協だより」の発行と広報活動                                  
7 加盟団体からの後援依頼の事務処理        

HP

               ○      
8 宇治市との折衝                                    
9 文化センター・FMうじ放送と調整                          
10 会計処理                              

fo

11 総会及び諸会議の準備案内状発送                    

 

   
12 山城地方文化協会等連絡協議会との連携  ○  ○                          

事務局長は副会長を兼務します。